Menu メニュー
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • CONTACT
  • SE構法専門店
  • 平屋の家
  • ガレージハウス

close 閉じる

設計事務所・工務店の株式会社kotori

どちらも同じ『耐震等級3』 |
豊川市の住宅設計事務所(工務店)kotori の日常を紹介します

資料請求・お問い合わせ

0533-75-6266

  • TOP
  • WORKS
  • GREETING
  • STYLE
  • SPEC
  • BLOG
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • SDGsについて

BLOG ブログ

どちらも同じ『耐震等級3』

2021.06.22

   

category:kotori 設計室 | kotori仕様 | SE構法 | プレミアムパートナーズ | 地震

こんばんは。

 

 

 

豊橋市「大井町の家」

 

 

 

kotoriが標準採用している『SE構法』ですが

 

全棟に対して構造計算(以下、許容応力度計算)を実施し

 

 

 

・鉛直荷重(建物そのものの重さ、人や家具などの重さ、雪の重さ等)

 

 

・地震荷重

 

 

・風荷重

 

 

・層間変形(構造体がどれだけ変形するか)

 

 

・偏心率(構造体の配置のバランス)

 

 

・剛性率(1層ごとの強度のばらつき)

 

 

 

などについて1棟1棟、基礎も含めて検討しています。

 

 

 

 

3階建て以上の建物やRC造、鉄骨造などの建物には

 

 

当たり前に実施している、この許容応力度計算ですが

 

 

 

現在、日本の建築基準法では

 

 

木造で500㎡(約150坪)以下の建物は許容応力度計算はしなくても認可されてしまうため

 

 

多くの工務店、設計事務所によって建てられている住宅は

 

 

許容応力度計算ではなく、もっと簡易な、壁量計算と呼ばれる計算方法によって壁量などが

 

 

検討されています。

 

 

 

 

壁量計算でも『耐震等級3』は取得できてしまうため

 

 

現在でも、ほとんどの住宅を扱う会社では、許容応力度計算は実施していません。

 

 

 

 

 

同じ『耐震等級3』なのだから

 

 

労力が違うだけで結果は同じ。。。と思われるかも知れません。

 

 

 

 

実際、プロでもそう勘違いしている人もいます。

 

 

 

 

ですが、壁量計算で検討した『耐震等級3』と

 

 

許容応力度計算で検討した『耐震等級3』では

 

 

その建物に必要とされる強度に大きな差異が生じます。

 

 

上の表は、壁量計算、許容応力度計算それぞれの計算方法による

 

 

その建物に必要とされる壁量の比較と

 

 

『wallstat』という建物の耐震性能を3次元でシミュレートできる

 

 

アプリケーションによる仮想実験の結果です。

 

 

 

 

長期優良住宅としての認定条件である『耐震等級2』ですが

 

 

壁量計算での『耐震等級2』の必要壁量は、許容応力度計算での『耐震等級1』と、ほぼ同レベル。

 

 

 

許容応力度計算の『耐震等級3』にいたっては、壁量計算での『耐震等級3』の約1.3倍の

 

 

壁量が必要とされます。

 

 

 

 

同じ等級なのに、なぜ、より沢山の壁が必要だという

 

 

結果がでてしまうのか??

 

 

 

 

とても長くなってしまうので、続きは弊社のスタジオで

 

 

ご説明させていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

戻る

ページトップ

株式会社kotoriは、愛知県豊川市にある設計事務所(工務店)です。SE構法を用いた注文住宅をご提供しています。 ぜひ、kotoriの創るお家をご覧ください。そして、私たちにご希望のお家、理想のお家をお伝えください。 最大限のアドバイスをさせていただきます。

愛知県豊川市の工務店×設計デザイン会社 株式会社kotori

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 0533-75-6266
スタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町亀ヶ坪120-7
TEL: 0533-75-6266 FAX:0533-75-6267
イベントスタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町西赤土46-4

kotori All Rights Reserved.