Menu メニュー
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • CONTACT
  • SE構法専門店
  • 平屋の家
  • ガレージハウス

close 閉じる

設計事務所・工務店の株式会社kotori

岡崎市『竜泉寺町の家』造成工事 |
豊川市の住宅設計事務所(工務店)kotori の日常を紹介します

資料請求・お問い合わせ

0533-75-6266

  • TOP
  • WORKS
  • GREETING
  • STYLE
  • SPEC
  • BLOG
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • SDGsについて

BLOG ブログ

岡崎市『竜泉寺町の家』造成工事

2018.04.17

   

category:SE構法 | プレミアムパートナーズ | 建築現場について | 軽トラ日記

こんばんは。

 

 

今日も天気予報はズバリ的中。

 

 

お昼から雨が降り続く豊川市内です。

 

 

さてさて、現場はと言うと、

 

 

本日より、岡崎市『竜泉寺町の家』では

 

 

造成工事が始まりました~ 

 

 

 

 

まずは、隣地境界のCB積工事です。

 

 

今回は、土圧がかかるという事もあってCB150を積んでいきます。

 

 

 

 

これが、CB150です。

 

 

ここで問題です。

 

 

何故コンクリートブロックには、穴が空いているのでしょうか?

 

 

鉄筋を通す為です。

 

 

でも、それだけの意味なら両サイドの穴だけでいいんじゃないかな?

 

 

それは、積み方にあります。今回のように目地を全て揃えて積む場合には(イモ目地)

 

 

両サイドの穴を使用しますが、レンガ積みと言って目地をずらして積む場合は、

 

 

当然真ん中の穴も使いますよね。

 

 

そしてこの穴ですが、

 

 

ブロックの上と下では、微妙に穴の大きさが違うんですよ。

 

 

 

写真では、わかりずらいかな、、、

 

 

上からモルタル(セメントと砂と水を混ぜたもの)を流し込む時に上が広がっていて

 

 

下が狭まっていた方が、流し込みやすいようになってるんです。

 

 

だから、積む時には天地逆にしない様に積ないとね。(^o^)丿

 

 

そんな kotori の軽トラ日記でした~ 

 

 

 

 

戻る

ページトップ

株式会社kotoriは、愛知県豊川市にある設計事務所(工務店)です。SE構法を用いた注文住宅をご提供しています。 ぜひ、kotoriの創るお家をご覧ください。そして、私たちにご希望のお家、理想のお家をお伝えください。 最大限のアドバイスをさせていただきます。

愛知県豊川市の工務店×設計デザイン会社 株式会社kotori

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 0533-75-6266
スタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町亀ヶ坪120-7
TEL: 0533-75-6266 FAX:0533-75-6267
イベントスタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町西赤土46-4

kotori All Rights Reserved.