Menu メニュー
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • CONTACT
  • SE構法専門店
  • 平屋の家
  • ガレージハウス

close 閉じる

設計事務所・工務店の株式会社kotori

地盤対策 |
豊川市の住宅設計事務所(工務店)kotori の日常を紹介します

資料請求・お問い合わせ

0533-75-6266

  • TOP
  • WORKS
  • GREETING
  • STYLE
  • SPEC
  • BLOG
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • SDGsについて

BLOG ブログ

地盤対策

2014.05.08

   

category:kotori 設計室

こんばんは

 

 

本日は土地を購入予定の方から多くよせられる質問についてです。

 

 

「購入予定の土地が液状化マップで危険地域ですが対策はありますか?」

 

 

というものです。

 

 

まず液状化の対策としましては、

 

 

はっきり危険度がゼロになるという対策をするのは難しいです。

 

 

というのは、

 

 

自然災害という規模や発生時期について予測できない性質のものであること

 

②予算に限りがあるため、万全の対策工法が無いということ

 

 

というのが現状です。

 

 

ですが、液状化が発生した場合に、建物への液状化被害を軽減することは可能ですので

 

 

液状化で建物に不同沈下が生じても復旧しやすいという視点から

 

 

小規模建築基礎設計指針に紹介されている対策工法がございます。

 

 

1、表層地盤改良

 

2、柱状地盤補強、杭基礎

 

3、ベタ基礎(弊社標準)

 

 

詳しくは     http://www.j-shield.co.jp/http://www.j-shield.co.jp/

(弊社、地盤対策の保障会社です)

 

 

というように液状化被害を軽減することは可能ですので

 

 

地盤調査の際に液状化判定をし、対策工法をすることがよいと思います。

 

 

ですが、土地を購入される前での対策ができる場合、

 

 

①購入予定土地の付近で地盤調査を行ったデータを調べ、液状化がどういう状態か確認する。

 (敷地の住所を教えていただければ調べさせていただきます)

 

②購入前に地盤調査をさせてもらう。

 (この場合、不動産屋さんがOKをすればということ、

土地購入前に地盤調査の金額が発生してしまうということ、があります)

 

 

という購入前の対策も考えられます。

 

 

というように、購入前にも検討することは可能ですので

 

 

土地を購入予定のお客様、購入後のお客様もいろんなケースが

 

 

ございますのでまず気軽にご相談くださいね(*^_^*)

戻る

ページトップ

株式会社kotoriは、愛知県豊川市にある設計事務所(工務店)です。SE構法を用いた注文住宅をご提供しています。 ぜひ、kotoriの創るお家をご覧ください。そして、私たちにご希望のお家、理想のお家をお伝えください。 最大限のアドバイスをさせていただきます。

愛知県豊川市の工務店×設計デザイン会社 株式会社kotori

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 0533-75-6266
スタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町亀ヶ坪120-7
TEL: 0533-75-6266 FAX:0533-75-6267
イベントスタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町西赤土46-4

kotori All Rights Reserved.