Menu メニュー
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • CONTACT
  • SE構法専門店
  • 平屋の家
  • ガレージハウス

close 閉じる

設計事務所・工務店の株式会社kotori

変動VS固定 |
豊川市の住宅設計事務所(工務店)kotori の日常を紹介します

資料請求・お問い合わせ

0533-75-6266

  • TOP
  • WORKS
  • GREETING
  • STYLE
  • SPEC
  • BLOG
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • SDGsについて

BLOG ブログ

変動VS固定

2013.05.22

   

category:kotori 設計室

こんばんは。

 

本日は、住宅ローンについて少し考えてみたいと

 

思います。現在、住宅購入をお考えのみなさんが住宅ローンを

 

選ぶとき、変動型か固定型どちらを選ぶか?

 

人それぞれかも解りませんが、現在は固定型を選ぶ方が多いようです。

 

その要因には、今後の住宅ローン金利は、あまり低下しないだろう。という

 

考えがあるようです。低下したとしても昨年の12月あるいは今年の4月並み

 

程度で、むしろ上昇する可能性の方が高い。とみる人も多いようです。

 

 

 

市場金利の低下を目指した日銀の強力な金融緩和が4月に実施されたばかりで、

 

少なくとも2年程度は継続されることになっているが、今後の長期金利が

 

あまり下がらないと言うと、違和感があるように思うが、現に5月の10年固定型の

 

ローン金利は引き上げられた。

 

 

 

日銀の意図とは裏腹に、こうした事態になるのは、長期金利の水準は金融市場に

 

委ねられており、日銀が金融緩和をしても、

 

それが5年先、10年先といった将来のインフレに

 

つながると金融市場が判断すれば、長期金利は上昇してしまう。

 

 

 

このようなことをふまえて考えると、はやり10年以上の固定金利型の住宅ローンを

 

選ばれることが良いのかもしれませんね。

 

あくまでも個人的な意見です。

 

 

 

そうなってくるとやはり、フラット35やフラット35Sなどといった長期固定金利型などが

 

お勧めではないかと思います。ただ、こういった長期固定金利型にするためには、

 

ある程度、住宅にもいろいろな基準がでてきますのでご注意をしてください。

 

例えば、長期優良住宅にするとか、認定低炭素住宅にするとか、、、

 

 

 

長々と、書いてきましたがまずは、ご自身が建てようと

 

 

お考えのハウスメーカーさんや工務店さんなどに必ず、

 

 

ご相談をして失敗のないローン選びをしてほしいものです。

 

 

戻る

ページトップ

株式会社kotoriは、愛知県豊川市にある設計事務所(工務店)です。SE構法を用いた注文住宅をご提供しています。 ぜひ、kotoriの創るお家をご覧ください。そして、私たちにご希望のお家、理想のお家をお伝えください。 最大限のアドバイスをさせていただきます。

愛知県豊川市の工務店×設計デザイン会社 株式会社kotori

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 0533-75-6266
スタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町亀ヶ坪120-7
TEL: 0533-75-6266 FAX:0533-75-6267
イベントスタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町西赤土46-4

kotori All Rights Reserved.