Menu メニュー
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • CONTACT
  • SE構法専門店
  • 平屋の家
  • ガレージハウス

close 閉じる

設計事務所・工務店の株式会社kotori

長期優良住宅って?? |
豊川市の住宅設計事務所(工務店)kotori の日常を紹介します

資料請求・お問い合わせ

0533-75-6266

  • TOP
  • WORKS
  • GREETING
  • STYLE
  • SPEC
  • BLOG
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • SDGsについて

BLOG ブログ

長期優良住宅って??

2015.01.20

   

category:kotori 設計室 | kotori仕様

こんばんは

 

 

本日は「西尾市 N様」のお打ち合わせでした!!

 

 

本日も楽しいお打ち合わせありがとうございました。

 

 

そこでN様より質問いただいたことのご紹介です。

 

 

「長期優良住宅ってよく分からないので教えてください」

 

 

とのことでした。そもそも長期優良住宅の目的とは・・・

 

 

今まで新築されてから壊されるまでの年数が、平均すると約30年という

 

 

つくっては壊す「フロー消費型」の社会から、良いものを長く使う

 

 

という「ストック型」社会への転換を目的して、

 

 

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成20年12月に公布され、

 

 

平成21年6月4日に施行されました。

 

 

「良いものを長く使う」ということなので当然スペックがあげなければなりません。

 

 

スペックの基準として(戸建住宅の場合)、

 

 

・耐震性

・省エネルギー性

・維持管理・更新の容易性

・劣化対策

・住戸面積

・居住環境

・維持保全管理

・住宅履歴情報の整備

 

 

があります。それぞれ細かい基準があるのですが、

 

 

注目すべき点は「耐震性」です。

 

 

耐震性の基準は、

 

 

極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を

 

 

図るため、損傷のレベルの低減を図ること。(耐震等級2以上)

 

 

ということです。これは、現在木造2階建ての家の確認申請を提出する場合、

 

 

構造計算が不必要。つまり、耐震等級は関係ないという現状に対し、

 

 

長期優良住宅には耐震等級2以上という明確な基準があるので

 

 

それを構造計算により実証しなければならないのです。

 

 

「長期優良住宅には必ず構造計算がつく」

 

 

ということです。

 

 

構造計算は見てわかるような簡単なものではありません。

 

 

ですが、しっかりした計算をもとに造り上げられたという実証(保証)

 

 

になるので構造計算はしなければならないのです。

 

 

kotori は

 

全棟、長期優良住宅

全棟、構造計算

全棟、耐震等級3

 

をお約束します。

 

 

明日は長期優良住宅の注意点です!!

戻る

ページトップ

株式会社kotoriは、愛知県豊川市にある設計事務所(工務店)です。SE構法を用いた注文住宅をご提供しています。 ぜひ、kotoriの創るお家をご覧ください。そして、私たちにご希望のお家、理想のお家をお伝えください。 最大限のアドバイスをさせていただきます。

愛知県豊川市の工務店×設計デザイン会社 株式会社kotori

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 0533-75-6266
スタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町亀ヶ坪120-7
TEL: 0533-75-6266 FAX:0533-75-6267
イベントスタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町西赤土46-4

kotori All Rights Reserved.