Loading...

staff blog

豊橋市SE構法『豊橋の家』吹抜け天井仕上げ

2022.01.26

こんばんは~

 

 

本日も一日あっという間に過ぎてゆく、、、

 

 

現場もあっという間に進んでしまい、徐々に完成が近づき

 

 

嬉しい反面、さびしい気持ちにもなってくる今日この頃。

 

 

ということで、大工工事も大詰めのこちらの現場。

 

 

豊橋市『豊橋の家』では、本日吹抜けの天井の板張りが行われました。

 

 

予め、弊社の倉庫で塗装しておいた天井材を一枚一枚丁寧に張っていきます。

 

 

 

 

今回は、特に吹抜けにサッシがたくさん設置されているために、

 

 

K大工さんがかなり苦労されていました。

 

 

しかしながら、丁寧に丁寧に納めてくださり

 

 

私も見させていただきましたが、パーフェクトですね!

 

 

 

 

完璧です!

 

 

ありがとうございます。m(__)m

 

 

こんな面倒な納まりですが、このように面倒な納まりをすることによって

 

 

最終の仕上がりが、かなり違ってくるのです。

 

 

これこそが、弊社kotori の拘りですね。

 

 

なんとなく、どことなく普通ではない、美しく見える。

 

 

だけど、どこが他社さんと違うんだろう???

 

 

そう思わせてくれるのが、このちょっとした納まりの違いなんです。

 

 

それが、われわれの目指すところ。 kotori 流

 

 

S大工さん、今回もありがとうございます。m(__)m

 

 

 

そして、本日は二階のクロス下地パテ処理作業に入らせていただきました~

 

 

 

 

THインテリアの若手のホープ、たくちゃんが丁寧にパテ処理をおこなってくださいました。

 

 

 

 

まだまだ下地処理は続きます!

 

 

引き続き、よろしくお願いいたします。m(__)m

 

 

そんな kotori の軽トラ日記でした~ 

recommend