Menu メニュー
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • CONTACT
  • SE構法専門店
  • 平屋の家
  • ガレージハウス

close 閉じる

設計事務所・工務店の株式会社kotori

「岡崎市 大幡町の家」 明日上棟 |
豊川市の住宅設計事務所(工務店)kotori の日常を紹介します

資料請求・お問い合わせ

0533-75-6266

  • TOP
  • WORKS
  • GREETING
  • STYLE
  • SPEC
  • BLOG
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • SDGsについて

BLOG ブログ

「岡崎市 大幡町の家」 明日上棟

2016.10.05

   

category:上棟 | 建築現場について | 新着情報

こんばんは

 

 

明日はいよいよ「岡崎市 大幡町の家」の上棟です。

 

 

天気が気になるところですが、テルテル坊主を作ったので

 

 

晴れること間違いなしです。

 

 

img_4439

 

(ア〇パ〇マ〇に似ていることは無視してください)

 

 

そして明日は餅投げをします!!

 

 

ちなみに餅投げの由来は、というと

 

上棟式での餅まきは、「散餅銭の儀」という災いを祓うための儀式の中で、

餅と銭をまく事がもとになっているようです。

家を建てることは大きな厄災を招くという考えがあり、

その厄を避けるために餅や小銭をまいて他人に持って帰ってもらうという説があります。

古い時代には、家を建てるということは、(地域)の共同体による共同作業でした。

「家を建てる」=「富がある」ということの象徴で、

その富を地域の共同体で分け与えることで、

厄災(家を建てられない人の嫉妬も有ったと思います)

を避けるために、

神饌であり保存食でもある『餅』や富の分配の形としての『小銭』をまく(分配する)ことが、

地域の共同体の中での生活を円滑におこなうための習慣だったようです。

平安時代から鎌倉時代にかけて上棟式そのものの習慣が広まり、

一般庶民も行うようになったのは江戸時代からだそうです。

 

 

とのことです。

 

 

明日の上棟式、無事にできますように

 

 

戻る

ページトップ

株式会社kotoriは、愛知県豊川市にある設計事務所(工務店)です。SE構法を用いた注文住宅をご提供しています。 ぜひ、kotoriの創るお家をご覧ください。そして、私たちにご希望のお家、理想のお家をお伝えください。 最大限のアドバイスをさせていただきます。

愛知県豊川市の工務店×設計デザイン会社 株式会社kotori

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 0533-75-6266
スタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町亀ヶ坪120-7
TEL: 0533-75-6266 FAX:0533-75-6267
イベントスタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町西赤土46-4

kotori All Rights Reserved.