Menu メニュー
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • CONTACT
  • SE構法専門店
  • 平屋の家
  • ガレージハウス

close 閉じる

設計事務所・工務店の株式会社kotori

昨日 地震 備え |
豊川市の住宅設計事務所(工務店)kotori の日常を紹介します

資料請求・お問い合わせ

0533-75-6266

  • TOP
  • WORKS
  • GREETING
  • STYLE
  • SPEC
  • BLOG
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • SDGsについて

BLOG ブログ

昨日 地震 備え

2017.08.03

   

category:kotori 設計室 | SE構法 | プレミアムパートナーズ | 地震 | 建築現場について | 新着情報

こんばんは

 

 

いや~よかった、ホッとしました。

 

 

何が?というと昨日ギリギリまで検討していた

 

 

「岡崎市 竜泉寺町の家」のプランが気に入っていただけました

 

 

ということで本日は、昨日関東地方を襲った地震についてのニュースを抜粋しました

 

 

2日未明に福島県と関東地方を襲った大きな揺れ。

茨城県などで震度4を観測した。その約5時間後、

関東地方では再び震度4の揺れが発生。

夜から朝にかけて相次いだ地震。

夜中の発生にはどんな備えができるのか。

■夜に地震、注意すべきポイントは

夜、寝ている時に地震が起きた場合、どうすればいいのか。

日本防災士会の橋本茂さんに注意すべきポイントを聞いた。

 まず、大前提として、ベッドや布団は家具が倒れてこないように配置することが大切だ。

寝室には背の高い家具は置かず、置いたとしても腰の高さのものやL字金具などで固定する。
 揺れを感じたら、頭を守ることが第一だ。

布団をかぶったり、枕で頭を覆ったりするようにする。

物が落ちてくる場合もあるので、目はしっかり開け、

周りの状況を見て身をかわせるようにしておく。

■ベッドのそばに置いてほしいモノ
ベッドのそばには、懐中電灯、スリッパ、笛を置いておく。

地震で散らばってしまう可能性があるので、袋などに入れて、

ベッドにくくりつけておいたほうがいいという。
部屋の中は真っ暗なので、懐中電灯をつけて、

ガラスなどが飛び散っている可能性もあるため底が厚めのスリッパを履いて、

家族の安否確認や、出火していないか確認する。

 笛は、家の中から出られなくなった時など救助を呼ぶ時に役に立つ。
 また、寝ている時に地震が起きると、実際の震度より大きく感じる傾向にあって、

日中の地震に比べて思うように対応できなくなるため、備えを十分にしておかなければいけないという。

■寝室の環境 再確認を
1995年の阪神・淡路大震災の発生時刻は午前5時46分で、

多くの人が寝ている時間だった。

このため、寝室の本棚やタンス、仏壇などが倒れ、圧死した人が大勢いた。
寝ている最中に起こる地震は心構えができていない分、危険度が高くなり、

寝室の家具の配置やちょっとした備えが生死を分けることがある。
寝室の安全性に問題がないか、あらためて確認をしてほしい。

 

 

ということです。

 

 

地震に強い家にすることも大切ですが地震に備えて身の回りのこと

 

 

を準備することも大切ですね!!

戻る

ページトップ

株式会社kotoriは、愛知県豊川市にある設計事務所(工務店)です。SE構法を用いた注文住宅をご提供しています。 ぜひ、kotoriの創るお家をご覧ください。そして、私たちにご希望のお家、理想のお家をお伝えください。 最大限のアドバイスをさせていただきます。

愛知県豊川市の工務店×設計デザイン会社 株式会社kotori

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 0533-75-6266
スタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町亀ヶ坪120-7
TEL: 0533-75-6266 FAX:0533-75-6267
イベントスタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町西赤土46-4

kotori All Rights Reserved.