Menu メニュー
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • CONTACT
  • SE構法専門店
  • 平屋の家
  • ガレージハウス

close 閉じる

設計事務所・工務店の株式会社kotori

豊川市『美幸町の家』SE構法鉄筋加工。 |
豊川市の住宅設計事務所(工務店)kotori の日常を紹介します

資料請求・お問い合わせ

0533-75-6266

  • TOP
  • WORKS
  • GREETING
  • STYLE
  • SPEC
  • BLOG
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • SDGsについて

BLOG ブログ

豊川市『美幸町の家』SE構法鉄筋加工。

2019.09.17

   

category:kotoriのお宝業者さん | kotori仕様 | 建築現場について | 軽トラ日記

こんばんは。

 

本日は基礎工事、真っ最中のこちらの現場へ

 

豊川市『美幸町の家』です。

 

 

本日は、基礎の墨出し、

 

そしてベース・及び立上りの外部側型枠の組立が行なわれました。

 

こうして、一枚一枚型枠材を起こしていきます。

 

 

こちらの写真は、捨コンクリートの上に出した墨に合わせて

 

SE構法のアンカーボルトを固定するためのアンカーベースと呼ばれる金物をセットしたところの写真です。

 

 

この金物の中心のボルト穴にSE構法のM20のアンカーボルトが挿入されます。

 

 

弊社kotori では、基礎工事(土工事~鉄筋工事~型枠工事~コンクリート工事)

 

は全てH建工さんにお願いしています。

 

こうして一つの業者さんにお願いしている理由がこのSE構法のアンカーボルトにあるんです。

 

実は、SE構法で構造計算される基礎は、とても鉄筋量が多くて

 

多くの鉄筋が交錯します。そんな中にSE構法の太いM20アンカーボルトを納めるのは

 

実はなかなか難しいんです。

 

しかしながら、すべてを同じ職人さんが行なう事で、

 

鉄筋の加工段階からアンカーボルトの事を考えて加工し

 

建築工事共通仕様書およびJASS5などに記載されている鉄筋の空き寸法など

 

確実に確保し、流動性を高めて良質なコンクリートを打設する事、

 

この先の各工種の無理のない納めなどを可能にしているんです。

 

SE構法の引き抜き強度の要であるアンカーボルトを高精度に納める秘訣は

 

この基礎工事の中でも、鉄筋の加工段階にあると私は考えています。

 

という事で、今回も素晴らしい加工の鉄筋材料は、明日の夕方に現場搬入予定です。

 

H建工さん、引き続きよろしくお願いいたします。m(__)m

 

そんな kotori の軽トラ日記でした~ 

 

 

戻る

ページトップ

株式会社kotoriは、愛知県豊川市にある設計事務所(工務店)です。SE構法を用いた注文住宅をご提供しています。 ぜひ、kotoriの創るお家をご覧ください。そして、私たちにご希望のお家、理想のお家をお伝えください。 最大限のアドバイスをさせていただきます。

愛知県豊川市の工務店×設計デザイン会社 株式会社kotori

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 0533-75-6266
スタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町亀ヶ坪120-7
TEL: 0533-75-6266 FAX:0533-75-6267
イベントスタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町西赤土46-4

kotori All Rights Reserved.