Menu メニュー
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • CONTACT
  • SE構法専門店
  • 平屋の家
  • ガレージハウス
  • SE構法の旅
  • SDGS
  • tsumikiプロジェクト

close 閉じる

設計事務所・工務店の株式会社kotori

生コン打設 |
豊川市の住宅設計事務所(工務店)kotori の日常を紹介します

資料請求・お問い合わせ

0533-75-6266

  • TOP
  • WORKS
  • GREETING
  • STYLE
  • SPEC
  • BLOG
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • SDGsについて

BLOG ブログ

生コン打設

2021.06.11

   

category:建築現場について | 新着情報

こんばんは

 

 

昨日の安城市「東端町の家」の現場からです。

 

 

内装仕上げの作業も順調に進み、ガレージや玄関土間の生コン打ち作業が行われました。

 

 

 

 

左官屋さんの手によって、丁寧に生コンが均されております

 

 

 

 

ところでこの生コンにも、使われる場所や用途によっていくつか種類があることをご存知でしょうか

 

 

一般的に多く使われているのが普通コンクリートと言われるものになり、

 

 

また普通コンクリートでも、中身の配合によって強度が異なります。

 

 

下のような数記号であらわされることが多いです。

 

 

生コン配合 24―18-25

 

 

左から、 呼び強度、スランプ値、粗骨材の最大寸法の数値が表記されております。

 

 

簡単にそれぞれ説明しますと、

 

 

□呼び強度:どれくらいの圧縮強度を予定するかの数値。数値が大きくなるほど強固なコンクリートになります。

一般住宅では、18、21、24辺りが良く使われる数値になります。

 

□スランプ値:生コンの柔らかさを表す数値になります。数値が大きいほど流動性が高く作業効率が大きいです。

       ただ、一般的にはスランプ値が小さいほど強固なコンクリートになりますので作業効率とコンクリートの強度のバランスを見て決めます。

 

□粗骨材の最大寸法:粗骨材とは、生コンに含まれている砂利などの事を指します。一般住宅では20㎜or25㎜が最大寸法として

          扱われることが多いです。

 

 

普段の生活では、ほとんど見る事がないとは思いますが、1つ建築豆知識として認識して頂ければ幸いです

 

 

 

以上、kotoriからでした

 

 

 

 

戻る

ページトップ

株式会社kotoriは、愛知県豊川市にある設計事務所(工務店)です。SE構法を用いた注文住宅をご提供しています。 ぜひ、kotoriの創るお家をご覧ください。そして、私たちにご希望のお家、理想のお家をお伝えください。 最大限のアドバイスをさせていただきます。

愛知県豊川市の工務店×設計デザイン会社 株式会社kotori

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 0533-75-6266
スタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町亀ヶ坪120-7
TEL: 0533-75-6266 FAX:0533-75-6267
イベントスタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町西赤土46-4

kotori All Rights Reserved.