Menu メニュー
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • CONTACT
  • SE構法専門店
  • 平屋の家
  • ガレージハウス

close 閉じる

設計事務所・工務店の株式会社kotori

住宅ローン、預金金利低下 日銀のマイナス金利開始 景気刺激効果が焦点 |
豊川市の住宅設計事務所(工務店)kotori の日常を紹介します

資料請求・お問い合わせ

0533-75-6266

  • TOP
  • WORKS
  • GREETING
  • STYLE
  • SPEC
  • BLOG
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • SDGsについて

BLOG ブログ

住宅ローン、預金金利低下 日銀のマイナス金利開始 景気刺激効果が焦点

2016.02.18

   

category:新着情報

こんばんは本日も気になるニュースの御紹介です。

 

 

日銀の「マイナス金利政策」が16日、始まった。

 

世の中の金回りをよくし、「投資や消費を刺激する」(黒田東彦総裁)のが狙いだ。

 

すでに住宅ローンや貸し出しの金利を引き下げる銀行が相次ぐが、

 

預金金利の低下や資産運用難などの影響も出始めた。

 

企業や家計にはメリットとデメリットの両面がありそうだ。

 
  同日の短期金融市場では、金融機関が資金の貸し借りをする無担保コール翌日物の金利が急低下し、

 

0%をつけた。

 民間銀行が日銀に預ける当座預金の一部に年0・1%のマイナス金利がかかる。

 

同預金の残高は現在250兆円で、マイナス金利の対象となるのはこのうち10兆~30兆円になる見込みだ。

 国債市場では1月末のマイナス金利導入決定後から利回りが急速に低下。

 

長期国債の代表的な指標である新発10年債利回りは9日にマイナスに突っ込んだ。

 金利の急落を受け、三井住友銀行は16日、

 

10年固定型住宅ローンの最優遇金利を過去最低の年0・9%に設定。

 

みずほ銀行は企業向け融資の目安となる長期プライムレート(優遇貸出金利)を

 

10日に過去最低の年1・00%に下げた。

 一方、ゆうちょ銀行は22日に売り出す予定だった投資信託について、

 

「安定した運用が難しくなった」として販売を取りやめる。

 

戻る

ページトップ

株式会社kotoriは、愛知県豊川市にある設計事務所(工務店)です。SE構法を用いた注文住宅をご提供しています。 ぜひ、kotoriの創るお家をご覧ください。そして、私たちにご希望のお家、理想のお家をお伝えください。 最大限のアドバイスをさせていただきます。

愛知県豊川市の工務店×設計デザイン会社 株式会社kotori

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 0533-75-6266
スタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町亀ヶ坪120-7
TEL: 0533-75-6266 FAX:0533-75-6267
イベントスタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町西赤土46-4

kotori All Rights Reserved.