Menu メニュー
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • CONTACT
  • SE構法専門店
  • 平屋の家
  • ガレージハウス

close 閉じる

設計事務所・工務店の株式会社kotori

マイナス金利なのに、なぜ住宅ローン金利が引き上げになるの? |
豊川市の住宅設計事務所(工務店)kotori の日常を紹介します

資料請求・お問い合わせ

0533-75-6266

  • TOP
  • WORKS
  • GREETING
  • STYLE
  • SPEC
  • BLOG
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • SDGsについて

BLOG ブログ

マイナス金利なのに、なぜ住宅ローン金利が引き上げになるの?

2016.04.05

   

category:新着情報

こんばんは

 

 

そろそろ入学や入社式の時期ではないでしょうか。

 

 

私も新入社員のようなフレッシュな気持ちと謙虚な姿勢で

 

 

やっていこうと思います。

 

 

そんな本日は先日ブログにて4月の金利が上がったというお話をしました。

 

 

そこで今回はなぜ上がったのかのニュース記事のご報告です。

 

 

「住宅ローン金利の10年固定型は長期金利の動向に左右されます。

 

長期金利とは10年国債の利回りのことを指します。

 

つまり債券市場に委ねられていることになるのです。

 

日銀は量的・質的緩和にマイナス金利も加え、

 

長期金利をマイナスにまで低下させましたが、

 

長期金利そのものは市場で決定されるため、

 

日銀が決めているものではありません。

 その長期金利、つまり10年国債の利回りは3月18日にマイナス0.135%にまで低下し、

 

ここがいったんボトムとなりました。これ以降の長期金利は、

 

比較的落ち着いた動きとなっていました。

 

つまりそれまで低下し続けていた動きがいったん止まったとも言えます。
 大手銀行が今回、10年固定型の金利を上げたのは、

 

長期金利の低下が一服したことが要因ではないかと予想されます。

 

今回の住宅ローン金利の引き上げについては、

 

金融機関がコスト転嫁のため住宅ローンの金利を引き上げる動きというよりも、

 

このような長期金利の動きを確認した上での結論ではなかったかと思われます。
 これは、超長期ゾーンの利回り低下が3月末にむけてさらに進んだことで、

 

みずほ銀行などでは、10年固定は引き上げても、

 

15年を超える固定型の住宅ローン金利は逆に引き下げていたことからも明らかです。」

戻る

ページトップ

株式会社kotoriは、愛知県豊川市にある設計事務所(工務店)です。SE構法を用いた注文住宅をご提供しています。 ぜひ、kotoriの創るお家をご覧ください。そして、私たちにご希望のお家、理想のお家をお伝えください。 最大限のアドバイスをさせていただきます。

愛知県豊川市の工務店×設計デザイン会社 株式会社kotori

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 0533-75-6266
スタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町亀ヶ坪120-7
TEL: 0533-75-6266 FAX:0533-75-6267
イベントスタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町西赤土46-4

kotori All Rights Reserved.