Menu メニュー
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • CONTACT
  • SE構法専門店
  • 平屋の家
  • ガレージハウス

close 閉じる

設計事務所・工務店の株式会社kotori

2016年もあとわずか |
豊川市の住宅設計事務所(工務店)kotori の日常を紹介します

資料請求・お問い合わせ

0533-75-6266

  • TOP
  • WORKS
  • GREETING
  • STYLE
  • SPEC
  • BLOG
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • SDGsについて

BLOG ブログ

2016年もあとわずか

2016.12.30

   

category:新着情報

こんばんは

 

 

今年も残すところあとわずか、

 

 

そんな本日は、「今年って大きいニュース何があったかな?」

 

 

と考えてみてください。みなさんたくさんあると思いますが

 

 

『熊本地震』が起こったのも今年です。

 

 

改めて思い出していただければと思い、書かせていただきます。

 

 

熊本地方を震源とするM6.5の地震が発生したのは4月14日21時26分、

熊本県益城町(ましきまち)で最大震度7を記録。

その28時間後の4月16日1時25分には同じく熊本地方を震源とするM7.3の地震が発生した。
活断層型地震でM6.5の地震の後、さらに大きな地震が発生するのは、

地震の観測が開始された1885年以降で初めてのこと。また震度7が2回観測されるのも、

1996年に現在の震度計で観測するようになって初めてだった。

 

さらに余震の規模と長期化も異例だった。

8月まで震度5弱クラスの余震が散発し、

11月時点でも震度3クラスの余震が続いている。
建物被害は住宅の全壊が約8000棟、半壊が約3万棟、

一部損壊が約14万棟におよんだほか、熊本城は石垣が崩れ、天守閣なども損壊した。

人的被害は直接死が50人、関連死95人の計131人(11月14日現在)にのぼった。

地震の長期化=避難生活の長期化が関連死を増加させたとみられる。
内閣府は5月に九州全域の被害総額が約2.4〜4.6兆円と試算したが

、熊本県は9月になって県内だけで被害額が3兆7850億円にのぼることを明らかにした。

 

 

201612060075_box_img0_a

 

来年もkotori は耐震住宅100%運動を推奨していきます。

 

 

 

戻る

ページトップ

株式会社kotoriは、愛知県豊川市にある設計事務所(工務店)です。SE構法を用いた注文住宅をご提供しています。 ぜひ、kotoriの創るお家をご覧ください。そして、私たちにご希望のお家、理想のお家をお伝えください。 最大限のアドバイスをさせていただきます。

愛知県豊川市の工務店×設計デザイン会社 株式会社kotori

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 0533-75-6266
スタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町亀ヶ坪120-7
TEL: 0533-75-6266 FAX:0533-75-6267
イベントスタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町西赤土46-4

kotori All Rights Reserved.