Menu メニュー
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • CONTACT
  • SE構法専門店
  • 平屋の家
  • ガレージハウス
  • SE構法の旅
  • SDGS
  • tsumikiプロジェクト

close 閉じる

設計事務所・工務店の株式会社kotori

SE構法の基礎 |
豊川市の住宅設計事務所(工務店)kotori の日常を紹介します

資料請求・お問い合わせ

0533-75-6266

  • TOP
  • WORKS
  • GREETING
  • STYLE
  • SPEC
  • BLOG
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • SDGsについて

BLOG ブログ

SE構法の基礎

2020.09.11

   

category:kotori 設計室 | SE構法

こんにちは

 

本日も夕方にゲリラ豪雨かな?なんて心配していましたが、

 

16:00現在、とってもいいお天気です

 

 

 

 

 

 

さて、本日は耐震構法SE構法の基礎についてのお話です

 

もしかしたら、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

SE構法の基礎の幅は、170mmあります。

 

一般的な木造住宅の基礎幅150mmに比べて20mmも大きい基礎なんです。

 

ということは、それだけコンクリートの量も多く頑丈な基礎ということですが、

 

その理由のひとつとして、

 

かぶり厚さの確保(かぶり=鉄筋を覆うコンクリートの部分)が関係しています。

 

 

 

 

 

木造住宅の構造部材を固定するために、アンカーボルトというものが使用されています。

 

SE構法 アンカーボルト

 

そのアンカーボルトは基礎のコンクリートに埋めて使うのですが、

 

SE構法では、在来工法の基礎によく使用されているアンカーボルトM16よりも、

 

直径が太いM20のアンカーボルトを使用しています。

 

その為、しっかりとかぶり厚さを確保するために、コンクリートの基礎の幅も170mmになっています。

 

地震に強い家

 

 

 

 

さて、来週は少しお天気が安定してくれるといいですね。

 

それでは、また

戻る

ページトップ

株式会社kotoriは、愛知県豊川市にある設計事務所(工務店)です。SE構法を用いた注文住宅をご提供しています。 ぜひ、kotoriの創るお家をご覧ください。そして、私たちにご希望のお家、理想のお家をお伝えください。 最大限のアドバイスをさせていただきます。

愛知県豊川市の工務店×設計デザイン会社 株式会社kotori

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 0533-75-6266
スタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町亀ヶ坪120-7
TEL: 0533-75-6266 FAX:0533-75-6267
イベントスタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町西赤土46-4

kotori All Rights Reserved.