Menu メニュー
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • CONTACT
  • SE構法専門店
  • 平屋の家
  • ガレージハウス

close 閉じる

設計事務所・工務店の株式会社kotori

西尾市「上町の家」アンカーボルト検収 |
豊川市の住宅設計事務所(工務店)kotori の日常を紹介します

資料請求・お問い合わせ

0533-75-6266

  • TOP
  • WORKS
  • GREETING
  • STYLE
  • SPEC
  • BLOG
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • SDGsについて

BLOG ブログ

西尾市「上町の家」アンカーボルト検収

2021.04.06

   

category:kotori 設計室 | SE構法

こんにちは

 

 

穏やかないいお天気ですね

 

 

本日は、西尾市「上町の家」の基礎に使われるアンカーボルトが届き、

 

 

長さや本数を確認しました

 

 

 

 

一般的な木造住宅の在来工法ではM16などのサイズが多く使われていますが、

 

 

SE構法ではM16より径が太いM20というアンカーボルトを使用します。

 

 

基礎幅もかぶり厚さを考慮すると必然的に厚くなり

 

 

一般的な木造の基礎幅が150mmのところSE構法では170mmとなり、

 

 

数字だけ見ても、より頑丈な基礎だということがお分かりいただけると思います。

 

 

 

 

 

 

 

また、SE構法のように柱や梁などに集成材を使用していたり、

 

 

接続部に金物を使用している木造住宅も見かけますが、

 

 

実は地盤と建物をつなぐ基礎の部分がとても重要です

 

 

 

 

 

 

 

大地震の時、最も壊れやすい部分が柱と基礎の連結部分だそうです

 

 

在来工法では、柱と基礎の間に土台を介しますが、

 

 

SE構法では、アンカーボルトと柱脚金物により、柱と基礎を直接つなぐことで、

 

 

大きな力が加わっても柱が引き抜かれにくいつくりになっています。

 

 

その引き抜き耐力は在来工法の5倍以上。

 

 

SE構法 メリット

 

 

長くなってしまいましたが、これが耐震性の高いSE構法の特徴のひとつです。

 

 

スタジオではそんなSE構法の特徴について、詳しくご説明をさせていただいております。

 

 

週末はご予約が混み合いますので、お早めにお問合せくださいませ

 

 

戻る

ページトップ

株式会社kotoriは、愛知県豊川市にある設計事務所(工務店)です。SE構法を用いた注文住宅をご提供しています。 ぜひ、kotoriの創るお家をご覧ください。そして、私たちにご希望のお家、理想のお家をお伝えください。 最大限のアドバイスをさせていただきます。

愛知県豊川市の工務店×設計デザイン会社 株式会社kotori

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 0533-75-6266
スタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町亀ヶ坪120-7
TEL: 0533-75-6266 FAX:0533-75-6267
イベントスタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町西赤土46-4

kotori All Rights Reserved.