Menu メニュー
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • CONTACT
  • SE構法専門店
  • 平屋の家
  • ガレージハウス

close 閉じる

設計事務所・工務店の株式会社kotori

あれから9年 |
豊川市の住宅設計事務所(工務店)kotori の日常を紹介します

資料請求・お問い合わせ

0533-75-6266

  • TOP
  • WORKS
  • GREETING
  • STYLE
  • SPEC
  • BLOG
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • SDGsについて

BLOG ブログ

あれから9年

2020.03.11

   

category:kotori 設計室

こんばんは

 

 

 

発生時刻午後2時46分 死者・行方不明者、関連死を含め2万2167人が犠牲となった

 

 

 

東日本大震災から9年が経ちました。

 

 

 

今から5年前、被災地に行かせていただき、その時の復興状況等見させていただきました。

 

 

 

それから4年たちどのくらい復興が進んでいるのかニュースで調べてみました、

 

 

 

地震や津波の被害を受けた地域の復興について聞くと、

「とても進んでいる」「まあ進んでいる」を合わせた「進んでいる」の合計は

48.0%(前回2019年は45.0%)。

「全く進んでいない」「あまり進んでいない」の計43.4%(47.6%)を上回った。

 一方、東京電力福島第1原発事故の被害からの復興については「進んでいない」の計が

70.9%(74.8%)で、「進んでいる」の17.8%(16.6%)を大きく上回った。

 また、震災や原発事故を受けて、今後、何をしていきたいかを9項目から複数回答で聞いた。

最多は「震災があったことを忘れないようにする」の46.8%(50.6%)だった。

以下、「緊急時の行動・避難場所などを家族で話し合う」42.6%(43.8%)、

「ニュースや新聞などから情報入手を心掛ける」37.0%(43.8%)などの順だった。

 

 

という結果だったようです。

 

 

昨年より3パーセント分は復興が進んでいるということでしょうが

 

 

まだ50パーセントも満たないことに驚きました。

 

 

そして「今後何をしていきたいか」に対しては

 

 

「震災があったことを忘れないようにする」ということが一番多かった

 

 

とのことでした。

 

 

そのニュースを見て、我々は建築会社として考えるのは、

 

 

忘れない上でそれを糧に何ができるのか・・・

 

 

やはり「日本の住宅を100%耐震にする」ということをやり続けることだと思います。

 

 

復興が100%になるときには日本の住宅が100%になるよう、

 

 

大切な人たちを守れる家を造り続けようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

戻る

ページトップ

株式会社kotoriは、愛知県豊川市にある設計事務所(工務店)です。SE構法を用いた注文住宅をご提供しています。 ぜひ、kotoriの創るお家をご覧ください。そして、私たちにご希望のお家、理想のお家をお伝えください。 最大限のアドバイスをさせていただきます。

愛知県豊川市の工務店×設計デザイン会社 株式会社kotori

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 0533-75-6266
スタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町亀ヶ坪120-7
TEL: 0533-75-6266 FAX:0533-75-6267
イベントスタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町西赤土46-4

kotori All Rights Reserved.