Menu メニュー
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • CONTACT
  • SE構法専門店
  • 平屋の家
  • ガレージハウス

close 閉じる

設計事務所・工務店の株式会社kotori

エアコン要らず。ガス床暖房の使い方 |
豊川市の住宅設計事務所(工務店)kotori の日常を紹介します

資料請求・お問い合わせ

0533-75-6266

  • TOP
  • WORKS
  • GREETING
  • STYLE
  • SPEC
  • BLOG
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • SDGsについて

BLOG ブログ

エアコン要らず。ガス床暖房の使い方

2020.12.23

   

category:kotori 設計室

こんにちは

 

 

日差しが暖かく感じる日が続いていますが、

 

 

年末は寒波襲来とのことで、愛知県でも雪が降るかもしれないですね

 

 

さて、そんな本日はガスの温水式床暖房についてのお話です

 

 

床暖房には大きく分けて電気を使うタイプとガスを使うタイプの2種類あり、

 

 

ガス温水式床暖房は、イニシャルコストは電気よりも高くなりますが、

 

 

ランニングコストが電気よりも抑えられます。

 

 

また、輻射熱によって部屋全体を温められることや

 

 

床下に直接熱源があるわけではないのでやけどなどの心配もありません。

 

 

大体設置する部屋の8割くらいの面積に温水式床暖房を設置すると

 

 

効率的に部屋全体が温まるそうです

 

 

 

 

 

 

自宅にもガス温水式床暖房がありますが、

 

 

最初は光熱費がぐんと上がってしまうのかと思って控えめに使って

 

 

外出時や就寝時は消していました。

 

 

でもそうするとエアコンも弱で併用しないと暖かさが足りなくて

 

 

この時期はただでさえ乾燥が気になるのに、

 

 

エアコンをつけた途端に部屋がものすごく乾燥してしまうので、

 

 

思い切って日中も床暖を弱に設定してつけたまま外出し、

 

 

就寝時だけ切り、朝はさすがに寒くて「強」で使ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

すると、夕方の帰宅時も部屋はほどよく温まっていて、夜は「中」くらいの設定で済み

 

 

エアコンは一日中使用せずに快適に過ごすことができました

 

 

お陰で空気も乾燥しにくくなり、

 

 

驚いたことに、我が家の場合は昼間「弱」でつけたままにしていた方が、

 

 

1日のガス代が安かったです!

 

 

やはり一度消してしまうと、また温めるのにたくさんのガスを使うのですね。

 

 

もちろんエアコンも使っていないので、電気代も下がっているはず

 

 

 

 

 

 

以上、ガス温水式床暖房の使い方についてのお話でした。

 

 

少しでも参考にして頂けたらと思います

 

お洒落なダイニングキッチン

戻る

ページトップ

株式会社kotoriは、愛知県豊川市にある設計事務所(工務店)です。SE構法を用いた注文住宅をご提供しています。 ぜひ、kotoriの創るお家をご覧ください。そして、私たちにご希望のお家、理想のお家をお伝えください。 最大限のアドバイスをさせていただきます。

愛知県豊川市の工務店×設計デザイン会社 株式会社kotori

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 0533-75-6266
スタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町亀ヶ坪120-7
TEL: 0533-75-6266 FAX:0533-75-6267
イベントスタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町西赤土46-4

kotori All Rights Reserved.