Menu メニュー
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • CONTACT
  • SE構法専門店
  • 平屋の家
  • ガレージハウス

close 閉じる

設計事務所・工務店の株式会社kotori

住宅の新築時に屋外空間について考える |
豊川市の住宅設計事務所(工務店)kotori の日常を紹介します

資料請求・お問い合わせ

0533-75-6266

  • TOP
  • WORKS
  • GREETING
  • STYLE
  • SPEC
  • BLOG
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • SDGsについて

BLOG ブログ

住宅の新築時に屋外空間について考える

2021.06.10

   

category:kotori 設計室 | 庭

こんにちは

 

本日も暑いくらいのお天気ですね

 

日差しも強いので、熱中症やマスク焼けなどにご注意ください

 

 

 

 

 

 

さて、暖かくなり自宅で飼っているメダカが産卵シーズンです

 

メダカ ビオトープ

 

 

メダカが孵化するには、積算気温が250℃必要だと言われています。

 

例えば、25℃×10日ということです。

 

このところ気温の高い日が続き、たくさん赤ちゃんが生まれました~

 

 

メダカ ビオトープ

 

 

元気にスイスイ泳ぐ姿に癒されます

 

まだまだコロナ禍。気軽に外出できるようになるのは、先になりそうですが、

 

身近にという自然があれば、大人も子供も癒され、日々楽しみや発見がいっぱいです。

 

 

 

 

 

 

新築して、せっかく屋外空間があるのであれば、

 

過ごしやすい庭、眺めていたい庭、心地よい庭など

 

ご家族の庭時間が増えるような空間がいいと思うのですが、

 

それには、建物との関係がとても重要になってきます

 

 

 

 

 

 

 

例えば、建物の配置や形状、配管経路、庭を含めた排水計画、照明計画など。

 

それによって、植えることが出来る庭木も変わります。

 

また、GL設定も重要です

(GL=グランドライン。またはグランドレベル。GL設定とは建物を建てる高さを決めること。)

 

GL設定によってアプローチ空間が魅力的になったり、

 

道路との高低差により室内のプライバシーを

 

確保することができる場合もあります。

 

 

 

 

 

 

 

以前、造園会社に勤めていた時、

 

GL設定を失敗しているなと感じた物件が時々ありました。

 

でも既に家が完成してしまっているので、

 

GLを変えることは出来ません。

 

 

 

 

 

 

GLを高くするにはどうしても費用がかかることが多いので、

 

配管の勾配さえクリアしていれば

 

「大体周りの土地がこの高さだからこれくらいにしておきますか」

 

GL設定をする建築会社が多いように思いますが、

 

こういう風に建物をかっこよく見せるために、とか

 

アプローチ空間やお庭との関係性を考えると、など

 

いろいろな考えをもとに設定したGLが提案されるといいと思います。

 

 

 

 

 

長くなりましたが、そんなことも含めて、

 

「新築時に考えていればもっとこんな風に出来たのに・・・」

 

なんてことにならないよう

 

住宅の新築時に屋外空間について検討しておくことは、

 

とても重要だと思います

戻る

ページトップ

株式会社kotoriは、愛知県豊川市にある設計事務所(工務店)です。SE構法を用いた注文住宅をご提供しています。 ぜひ、kotoriの創るお家をご覧ください。そして、私たちにご希望のお家、理想のお家をお伝えください。 最大限のアドバイスをさせていただきます。

愛知県豊川市の工務店×設計デザイン会社 株式会社kotori

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 0533-75-6266
スタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町亀ヶ坪120-7
TEL: 0533-75-6266 FAX:0533-75-6267
イベントスタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町西赤土46-4

kotori All Rights Reserved.