Menu メニュー
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • CONTACT
  • SE構法専門店
  • 平屋の家
  • ガレージハウス

close 閉じる

設計事務所・工務店の株式会社kotori

雪 |
豊川市の住宅設計事務所(工務店)kotori の日常を紹介します

資料請求・お問い合わせ

0533-75-6266

  • TOP
  • WORKS
  • GREETING
  • STYLE
  • SPEC
  • BLOG
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • SDGsについて

BLOG ブログ

2022.01.14

   

category:kotori 設計室

こんにちは

 

 

 

昨晩は、雪がよく振りましたね。

 

 

自宅のある西尾市はこんなカンジでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事務所のある豊川に近づくにつれ、だんだんと雪の量は

 

 

減っていきましたが、やはり西三河と東三河では

 

 

ずいぶん違うようです。

 

 

 

この時、外気は0℃~5℃くらいだったと思います。

 

 

湿度は雪が降っていたので、おそらく90~100%くらいでしょうか。

 

 

 

では、そんな時、暖房をかけた室内と比べると

 

 

どちらの方が、水蒸気が多いでしょうか?

 

 

 

室内をどんなに加湿しても100%になることは

 

 

そうそう無いですよね。

 

 

いいとこ50%くらいだと思います。

 

 

 

90~100%(ソト)と50%(ナカ)なので

 

 

なんとなくソトの方が水蒸気が多いような気がしますが

 

 

実はそうではありません。

 

 

 

 

小さくて見にくいかも。。。

 

 

これは『湿り空気線図』という温度と湿度の関係を図にしたものです。

 

 

横軸が温度。赤い曲線はそれぞれ相対湿度(一般に湿度〇〇%とか呼んでいるものです)。

 

 

右側の縦軸は絶対湿度という1㎏の空気の中の水蒸気の量を表しています。

 

 

 

ソトの環境としての、気温0~5℃、相対湿度90~100%と

 

 

ナカの環境としての、気温20~23℃、相対湿度40~50%の部分を

 

 

水色に塗ってみました。

 

 

 

そこから、ソトとナカの絶対湿度を割り出すと

 

 

ソトの絶対湿度は大体2.5~5.5g/㎏くらい。

 

 

ナカの絶対湿度は大体6~9g/㎏くらいになります。

 

 

 

つまり、寒い季節は、例え雨や雪が降っていたとしても

 

 

ソトよりナカの方が水蒸気の量が多い、ということになります。

 

 

 

だから何なのか??

 

 

 

話しが長くなるので、そこはまた別の機会に。。。

戻る

ページトップ

株式会社kotoriは、愛知県豊川市にある設計事務所(工務店)です。SE構法を用いた注文住宅をご提供しています。 ぜひ、kotoriの創るお家をご覧ください。そして、私たちにご希望のお家、理想のお家をお伝えください。 最大限のアドバイスをさせていただきます。

愛知県豊川市の工務店×設計デザイン会社 株式会社kotori

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 0533-75-6266
スタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町亀ヶ坪120-7
TEL: 0533-75-6266 FAX:0533-75-6267
イベントスタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町西赤土46-4

kotori All Rights Reserved.