Menu メニュー
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • CONTACT
  • SE構法専門店
  • 平屋の家
  • ガレージハウス

close 閉じる

設計事務所・工務店の株式会社kotori

SE構法とは、、、おさらい。 |
豊川市の住宅設計事務所(工務店)kotori の日常を紹介します

資料請求・お問い合わせ

0533-75-6266

  • TOP
  • WORKS
  • GREETING
  • STYLE
  • SPEC
  • BLOG
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • SDGsについて

BLOG ブログ

SE構法とは、、、おさらい。

2020.06.26

   

category:SE構法 | 新着情報 | 軽トラ日記

こんにちは。

 

 

またまた地震でがありましたね。

 

 

今度は、メキシコのオアハカ州沿岸で、地震の規模はM7.4と推定されているそうです。

 

 

日本への津波の心配はないそうですが、

 

 

最近また地震が多く発生していますので心配です。

 

 

そこで、弊社が採用させていただいています構法、耐震構法SE構法についておさらいです。

 

 

その前に、みなさんは現在日本の住宅、特に階数二階建て以下で

 

 

500平米以下の木造住宅は、構造計算を行わなくても認可が下りて

 

 

建築できてしまう事をご存知でしょうか?

 

 

実際に構造計算をしないで設計および建築してしまう設計事務所さんや工務店さん

 

 

がまだまだ存在しています。

 

 

では、何故このようなことになっているのでしょうか?

 

 

これには、いくつかの問題があってそのうちの一つが材料の強度の数値化。

 

 

の問題です。

 

 

木は材料自体の強度が均一ではない為に強度計算ができないと考えられてきました。

 

 

という概念から日本の木造住宅にラーメン構法を取り入れようという発想が生まれなかったのです。

 

 

そしてもう一つの理由が、そもそも構造計算ができる人材が少ないということ。

 

 

少ないということもあってコストもかかるという事です。

 

 

それらの理由から構造計算をしない建築屋が多いのです。

 

 

しかしながら、SE構法は材料を集成材にすることにより材料の強度を明確にし、

 

 

全棟で構造計算実施を可能にしたわけです。

 

 

 

わたしは、集成材の工場にも実際に出向いて集成材の製造過程をみてまいりましたが、

 

 

やはり、集成材を構成する一枚一枚のラミナをつくるところから精度を求め、

 

 

強度を求め、緻密な計算のもと製造されています。

 

 

このような構法は今のところ、他には類を見ないとわたしは思います。

 

 

ということで、私がSE構法を語ると長くなりますのでこの辺で〆ますが、、、

 

 

SE構法のことなら何でも私に聞いて下さい。

 

 

そんな kotori の軽トラ日記でした~ 

 

 

 

戻る

ページトップ

株式会社kotoriは、愛知県豊川市にある設計事務所(工務店)です。SE構法を用いた注文住宅をご提供しています。 ぜひ、kotoriの創るお家をご覧ください。そして、私たちにご希望のお家、理想のお家をお伝えください。 最大限のアドバイスをさせていただきます。

愛知県豊川市の工務店×設計デザイン会社 株式会社kotori

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 0533-75-6266
スタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町亀ヶ坪120-7
TEL: 0533-75-6266 FAX:0533-75-6267
イベントスタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町西赤土46-4

kotori All Rights Reserved.