Menu メニュー
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • CONTACT
  • SE構法専門店
  • 平屋の家
  • ガレージハウス

close 閉じる

設計事務所・工務店の株式会社kotori

4月16日で1年 |
豊川市の住宅設計事務所(工務店)kotori の日常を紹介します

資料請求・お問い合わせ

0533-75-6266

  • TOP
  • WORKS
  • GREETING
  • STYLE
  • SPEC
  • BLOG
  • NEWS
  • VOICE
  • MEDIA
  • STAFF
  • ABOUT
  • SDGsについて

BLOG ブログ

4月16日で1年

2017.04.17

   

category:新着情報

こんばんは

 

 

4月16日(昨日)は何の日だったか知っていますか?

 

 

熊本地震の本震から丸1年が経ちました。

 

 

1年経った今の被災者の方々の現状のニュースを抜粋しました。

 

 読売新聞は、地震の影響で仮設住宅に暮らす計100人にアンケートを実施した。

 

仮設住宅の入居期限(原則2年)について、7割近くが「延長を希望する」と回答した。

 

仮設住宅を出た後の住まいが「確保できておらず、見通しも立たない」とした人は約6割に上った。

 

いまだに生活の礎となる住まいの見通しが立たず、復興の大きな課題になっている。

 地震後、整備された仮設住宅は、熊本県内16市町村で計4303戸に上り、

 

3月末現在で4179戸に1万985人が暮らしている。アンケートは4月1~3日、

 

仮設住宅が多い熊本市、益城(ましき)町などの6市町村を対象に行った。

 仮設住宅の入居期限の延長を希望するかどうかを尋ねた質問では、

 

67人が「希望する」と回答。

 

このうち、現時点で必要と思う延長期間を「分からない・見通せない」としたのは、半数近くの32人に上った。

 

 

ということです。

 

 

今もなお、仮設住宅で暮らしているたくさんの方々がいるということ

 

 

そして、震度7を超える大地震が何度もくるということへの対策(耐震住宅)を

 

 

建設会社として常にすすめなければならないのです。

 

https://www.kotori-5to6.com/spec.html

 

戻る

ページトップ

株式会社kotoriは、愛知県豊川市にある設計事務所(工務店)です。SE構法を用いた注文住宅をご提供しています。 ぜひ、kotoriの創るお家をご覧ください。そして、私たちにご希望のお家、理想のお家をお伝えください。 最大限のアドバイスをさせていただきます。

愛知県豊川市の工務店×設計デザイン会社 株式会社kotori

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 0533-75-6266
スタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町亀ヶ坪120-7
TEL: 0533-75-6266 FAX:0533-75-6267
イベントスタジオkotori
〒442-0857 豊川市八幡町西赤土46-4

kotori All Rights Reserved.